« 2019年2月 4日 (月) | トップページ

2019年3月 2日 (土)の2件の記事

2019年3月 2日 (土)

ココログ、もうじきリニューアルらしい

3/19のメンテでいろいろ変わるらしい。
Yahooブログやらジオシティやらはてなダイアリーはサービス終了だけど、ココログはまだ残るようで良かった。しかし、今の社会状況だと何が起きるかわからないので油断は出来ない。

「ココログ」全面リニューアルのお知らせ(2019/3/19): お知らせココログ:@nifty
◆主なサービス終了、制限事項

 ・ココログ公式スマートフォンアプリの終了
  (ココログ for Android、ココログ for iPhone)
  ※4月中にスマートフォン用管理画面を提供予定
 ・トラックバック機能の終了
  ※すでに受けた情報は保持します。
 ・携帯電話(ガラケー)からの投稿、閲覧
 ・記事への写真以外のアップロードの一旦中止(4月中に対応予定)
 ・ココログTOPページのカテゴリー別新着記事の終了
 ・ZIPファイルでの画像登録
  ※代わりに10枚までまとめてドラッグ&トロップで登録可能に
 ・マイリストの「読み込み/書き出し」の終了
 ・マイリストの「人」の終了
 ・ファイルマネージャーでシステム側の作成したディレクトリーを削除不可に
 ・記事の日毎、週毎表示は終了
 ・お絵描きツールは終了


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Yahooブログも終了に。デジタル遺産は未来に残らない

色んなブログサービスやホムペサービスが消えまくってるが、Yahoo!ジオシティーズに続きYahoo!ブログもやはり消えるようだ
Yahoo!ブログ サービス終了のお知らせ
サービス終了のお知らせ - Yahoo!ジオシティーズ

同じくサービス終了のはてなダイアリーはまだはてなブログへの移行があるぶん恵まれているけど、そこだっていつまであるかどうか。
ネットデジタルものって消えるときは本当に簡単に消えるんだよな。
紙やROMカセットやCDなどのメディアと違って、ネットコンテンツは消えたら消えっぱなしで、キャッシュや魚拓だっていつまでもある保障はなく、消えれば誰もアクセスできないに近いという。


まぁレコードやレーザーディスクやMSXなどのソフトだって再生ハードが無ければ使えないし、紙の本屋も潰れまくってるので油断は出来ないけど、ネトゲやソシャゲに至ってはサービス終了すると本当に誰もどうやっても見返せなくて、開発者ですらプレイヤーのいる状態での再現は無理に近いという。
せいぜいエミュで不完全にマネするくらいしか。


電子書籍も書店が消えると購入物も読めなくなる事態が続出してるし、ダウンロードもスクリーンショットも違法化だし、こんなんで後世に残るものってあるのかなぁ。
遺産は誰にも見れない想像だけの伝説の世界となり、伝えられないので、見ていた人が消えればあったという存在自体すらも消えるのだ。
過去の経験の知恵は失われ、歴史を知らないことによって、本来なら避けられるはずの同じ過ちを繰り返して滅びることだってありえる。
まぁ悪人がオモテから消したい不都合な過去の隠蔽は捗るかな。





Yahoo!ブログ終了のお知らせがとうとう・・・ ( ネットサービス ) - 楽しむYahoo!ブログの作り方♪ - Yahoo!ブログ
4b5*****※さんのマイページ - Yahoo!ブログ

■デジタルコンテンツがらみで昔あったこと群 電子書籍編


電子書籍サービス「Digital e-hon」が終了へ 7月末を最後に購入済みコンテンツもほぼ閲覧不能に - ねとらぼ
終了決定に伴い、購入品をダウンロードできるのは7月31日18時までに。終了後は医学文献を除き、ダウンロード済みの書籍も閲覧不能となります。

医学文献以外を購入していたユーザーには、4月16日0時までの購入分を対象に、累計の税込価格相当のポイントを返還して対応。全国書店ネットワークe-hon」か、電子書籍サイト「BOOK☆WALKER」で使用できます。なお、ポイントの返還期限も7月31日までとなっているので、利用しているかたはご確認を。







はてなブックマーク - 電子書籍サービス「Digital e-hon」が終了へ 7月末を最後に購入済みコンテンツもほぼ閲覧不能に - ねとらぼ



北米向け漫画オンライン配信サイト「JManga」が終了 | ITその他 - スラッシュドット・ジャパン
北米向け日本漫画のオンライン配信サイト「JManga」が終了する(JMangaの告知)。
(略)
マンガの閲覧に必要な「JMangaポイント」の販売終了は3月13日、デジタル漫画の購入サービスは3月26日、
購入した漫画を見るサービスの終了は5月30日となっている。
(略)




【アメーバコミック】サービス終了のお知らせ|スタッフブログ 2011年07月28日 09時56分59秒
いつもAmebaをご利用いただきまして、ありがとうございます。

携帯電話にて提供しておりました「アメーバコミック」が、
8月31日をもって終了することとなりました。

ご購入いただいたコミックは、終了と同時にご覧いただけなくなります。
あらかじめご了承ください。




コミックキング閉鎖のお知らせ: CKINBLOG 2013年01月10日
長い間ご利用いただいておりましたが、2012年8月24日に告知した通り、コミックキングは閉鎖することになりました。

2013年2月28日(木)をもって、全サービスが停止となります。
全てのコミックが2月28日で見ることが出来なくなりますのでご注意ください。
ご了承の程、どうぞよろしくお願い致します。

さて、そんな皆様にビックなお知らせが!
以前お伝えしたスマートフォンサイトがついにオープンしました。
(略)




楽天の電子書籍ストア「Raboo」終了に思うこと(イイヅカ アキラ) - BLOGOS(ブロゴス)
楽天電子書籍端末「kobo」発売に伴い「Raboo」とは別に「koboイーブックストア」を2012年7月に立ち上げている。流れとしては予想できたことだが、予定されていた「koboイーブックストア」との統合は行われず、購入したデータは引き継がれることなくサービス終了となる。

同じ会社のサービスで統合ができないというのは、規格や契約上の問題が大きいということだろうか。これは今後電子書籍ストアが閉店するような時に、他のサービスに統合されるのは期待できないということなのかもしれない。
(略)




アマゾン・キンドル - Wikipedia
(略)
オーウェル事件(電子書籍販売停止と無断削除) [編集]

2009年7月17日、アマゾンは、再版権を持たない出版社が販売していた電子書籍2点の販売を停止し、ユーザがすでに買った本についてもキンドルから無断で削除したのち料金を払い戻した。削除されたのはジョージ・オーウェルの『1984年』と『動物農場』で[34]、ユーザからは作中の「ビッグ・ブラザー」を体現するような行為だと批判が起こった[35][36][37]。同月23日以降、アマゾンジェフ・ベゾスCEOは、Amazon.comのフォーラム[38]やキンドル購入者宛メールを通じてこの件について謝罪し、削除を受けたユーザに対して「該当作品の別のコピー、あるいは30ドル分のギフト券または小切手[39]」の提供を申し出た。

ニガード事件(アカウント閉鎖と購入済電子書籍全削除) [編集]

2012年9月、ノルウェー在住の女性のキンドルに不具合が発生し、アマゾンと連絡していたところアカウントが閉鎖された。そして、キンドルから購入済みの電子書籍が、アマゾンにより全て削除された。ところが、新聞等で報じられた後、閉鎖されたアカウントが理由の説明なく復活した。
この事件から、Kindleコンテンツ(電子書籍等)の料金等支払後もライセンスが提供されるのみで、コンテンツがアマゾン管理下にあることが抱える問題点、DRM(デジタル著作権管理) に関する課題に注目が集まった[40]。
(略)



ニコ静公式ツイッター(現在は削除)


ヤマダイーブック閉鎖時の対処を記憶に焼き付けるとともに「事前の救済策」でユーザーの信頼を勝ち取ろう:見て歩く者 by 鷹野凌

■関連自分日記(はてなダイアリー)



日記トーハンのDigital e-honも終了。DL済み書籍も閲覧不可へ - げろみ日記

とらのあなダウンロードストアも終了、閲覧認証の必要な購入物は再生不可に - げろみ日記 2015年09月19日

ヤマダイーブックでもこれまでの電子書籍購入物が読めなくされるらしい - げろみ日記 2014年05月29日

↑※これは解決した

サービス終了すると購入した電子書籍が閲覧不可 - げろみ日記 2013年03月22日

ガラケーのHandyブックス、3月31日で終了らしい - げろみ日記 2013年01月24日

3DS用の電子書籍が出るぽい - げろみ日記 2012年09月25日

PSPコミックの終了宣言が出された今 - げろみ日記 2012年07月24日

PSPコミック、今日で新規コンテンツ追加を終了 - げろみ日記 2012年03月15日

PSPコミック終了 - げろみ日記 2012年02月16日

VITA用の電子書籍リーダーアプリ、配信きてたーーwww - げろみ日記 2012年10月12日


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年2月 4日 (月) | トップページ