« TMA・きら☆すたの動画スゲー | トップページ | DTMマガジン、12月号も完売しまくり »

2007年11月10日 (土)

聖地、公式らき☆すたグッズ発表

Cap4Cap5_2

別の市にいる個人がキモヲタが埼玉に来るのは現地住民に迷惑だ何だと呼びかけている中で、その聖地現場ではグッズは出すわ、らき絵入りの案内図は貼るわ。だからといって勝利宣言なんてのもアレかと思うけど。
以前発表された時はこなた柄だけでしたので「神社なのに柊姉妹でないのはおかしい」とスレで言われていたせいか、今回はかがみん図で発表されてますですね。もしかしたら、実はスレも見られているのかもしれない。

Cap5埼玉 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) アニメ絵馬で街おこし祈願  鷲 宮

埼玉舞台「らき☆すた」携帯ストラップに

 埼玉を舞台にしたアニメ「らき☆すた」で街おこし――。鷲宮町商工会はアニメファンの参拝客も訪れる町内の鷲宮神社などで、ミニ絵馬にアニメキャラクターを描いた携帯電話用ストラップ=写真、試作品=を12月から販売する。

 「らき☆すた」は、県内出身の漫画家・美水かがみさんの連載4コマ漫画。女子高生の日常をコミカルに描いて若者の人気を集め、今年春から9月までテレビアニメで放送された。アニメ版に登場する女子高生は春日部市の高校に通い、父親は鷹宮神社の神主という設定だったため、放映開始後、鷲宮神社を参拝する若いファンが続出。絵馬にアニメを描いて奉納する姿も目立った。

 これに目をつけたのが地元商工会。ミニ絵馬の作製は、「春日部桐箪笥(きりだんす)」の伝統工芸士会会長・飯島勤さん(52)に依頼。キャラクターの版権元である角川書店(東京都千代田区)の了解も得て、絵馬付き携帯ストラップの販売が実現した。

 ストラップは1個500円程度で6種類を用意。12月初旬から同神社前の茶屋や、希望する加盟店で販売する予定だ。

新聞 同商工会の斎藤勝会長(66)は「伝統ある地元の桐と、アニメや携帯電話といった新しいものを融合させることで、地域発展につながればいい」と話し、今後もアニメを街おこしに活用していく考え。飯島さんは「こうした事業を通して、若い人にも桐の良さに触れてもらえれば」と話している。
(2007年11月10日 読売新聞)

Cap6 これも気になる


しかし、こないだのwikipediaでの著作権を理由に初音ミクの項目を丸々削除要請の件もだけど、当事者がいいと言ってても当事者以外が「○○は迷惑がってる」と延々と言い出す現象は何なのだろう。ネタなのかホンキなのかわからないけど。言ってる事自体は間違っていないのかもしれないが、場合によっては「○○に迷惑だろ」と言ってる当人のほうが当事者から迷惑な場合もあるわな。これの場合はどうなのか知らないけどさ。


■関連
Cap5_3春日部共栄高等学校

大酉茶屋わしのみや-

痛いニュース(ノ∀`):アニメ「らき☆すた」で街おこし――。鷲宮町商工会

らき☆すた聖地でグッズ販売 - げろみ日記


※この日記の画像は読売付属写真を除いて2ちゃんからの拾いものです

|

« TMA・きら☆すたの動画スゲー | トップページ | DTMマガジン、12月号も完売しまくり »

らき☆すた」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/492833/8848271

この記事へのトラックバック一覧です: 聖地、公式らき☆すたグッズ発表:

« TMA・きら☆すたの動画スゲー | トップページ | DTMマガジン、12月号も完売しまくり »